I love シミュレーション!

シミュレーションゲームのプレイ日記です。カテゴリを選ぶと、古い順(つまり最初から)読むことが出来ます。ネタバレに考慮していませんのでご注意を。 【記事一覧】にて直接個別記事の閲覧が可能です。

牧場/HM-2

100%の高みを目指して

 さて今回はちょっと懐かしい牧場物語を引っ張り出してきました。
 その名も、「牧場物語ハーベストムーン」!
 (上記リンク先はPSP版ですのであしからず)

 今回の目的は、結婚せずにグッドエンディングを迎えること。ついでに、なるだけ開拓度を100%に近付けることです。
 開拓度は、レシピを8種覚えると1%上がったり、飼っている家畜の数や、ペットの愛情度等でも上がったはずです。100%に到達するまでの詳細な条件は忘れてしまいましたが、取り敢えず色々と完全にこなしていけばよいということのはず。

 独身のままグッドエンディングのためには、たとえば牧場の土地の8割以上を耕したり、仲良しの友人が1人以上いたり、女の子の誰か1人でもいいのでハートの色が紫色以上であったりと、色々条件があります。そこまで難しくはないけれど漫然と牧場生活を続けていてはクリアできない、ぐらいの難易度だったと思います。
 ただしこちらも詳細は忘れております。別途調べる必要が出て来るかもしれませんね。

 主人公の名前はシャリザーン。
 4年目春の審判までは結婚しない予定ですが、その後はポプリと結婚するつもりです。

ポプリで失敗、その1

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 1年目春の月は、花嫁候補の娘たちの初登場イベントが発生します。
 ポプリであれば、リックに叱られて拗ねた彼女を追って裏山に行くというもの。ランであれば宿屋でダッドの問いに「可愛いと思う」と答えるもの、カレンであれば「お金は払わないと」とデュークに敢然と言い、マリーであれば小説を書く彼女に興味を示し、エリィであれば……というふうに、少なくとも登場イベントぐらいは5人分把握しているわたくしでありました。

 だというのに!
 ポプリの初登場イベントで、リックに叱られて拗ねた彼女を追って裏山に行くのを、すっかり忘れて寝てしまいました。

 結果どうなるかといえば、登場イベントは失敗。
 ポプリは話しかける度に「誰だろう?」って言われる始末。寂しいです……。

小麦粉を携えて

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 1年目春の月ですが、キュウリを8マス分植えて、残りはカブを36マス分植えて、ひたすら農作に励んでいます。
 とにかくお金が必要なのです!

 序盤なのでじょうろは目の前1マスしか水やり出来ませんから、当然、3x3マス植えてしまうと真ん中の苗に水が届かなくなります。が、ここは少ない資金の中から小麦粉を買い、コロボックルに貢ぐことでお手伝いしてもらえるようになり解決。
 春の間はお茶会をするからお仕事のお手伝いは嫌と口々に言うコロボックルたちですが、ハートが3つ以上あれば、何度か話しかけることで普通に頼めるようになるのです。

 毎日コロボックルたちには会いに行っています。全員を雇えるぐらい仲良くなったら、あとは週に1回だけ、お手伝いが切れる日に通うだけで済むようになりますね。

 その日が待ち遠しいものです。

もうさみしくないよ

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 いつもは放置するイベントがあります。それは、「さみしい仔馬」。
 ヨーデル牧場に1年目春の月のうちに行くと、仔馬を分けてもらえます。しかしこれ、毎日話しかけて愛情度を高めないと、1年経過後に強引に連れ去られてしまうんですよね……。
 この、毎日話しかけるというのがしち面倒で今までスルーしてました。

 今回のプレイでは、100%を目指しますから、馬とも仲良くならねばなりません。
 多分ですが馬の愛情度も%を上げるでしょうし、あとは、仲良くなって鍛えた馬に乗り、草競馬で優勝して力の木の実を手に入れたいのです。

 早々とブラシも買いました。これで多少は愛情度が上がりやすくなるでしょう。

 余談ですが、犬も毎日抱っこして懐かせているところです。
 こちらは現在ハートが1つ。春の月上旬にしてはなかなかのものでは?

ミネラルタウンの釣り事情

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 グレッグさんに釣り竿を貰ってきました。
 金~日の朝7時から9時の間にミネラル海岸の桟橋にいる彼に話しかけると、釣り竿を貰うことが出来ます。
 ただし、リュックの装備欄は1個以上の空きが必要。この、空きのことを知らないで話しかけていたので釣り竿を貰えないままに無駄な日数を経過させてしまいました……。

 ハーベストムーンでの釣り竿はレベルがなく、また、釣れる魚自体も小魚・中魚・大魚の3種類とシンプルなものです。
 このうち、料理には中魚と大魚がそれぞれ必要です。

 ちなみに牧場の敷地内にある養殖池に魚を放り込んでおき、毎日魚の餌を1個ずつ投げ入れると、10日で小魚→中魚、中魚→大魚へと成長します。
 大魚は10匹の小魚に分裂。これを繰り返すことで数を増やすことが出来れば、よい収入源にもなることでしょう!

3つ届けましたよ?

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 春の月22日は料理祭ですね。
 わりと好きなお祭りではありますが、残念なことに1年目春の月では、料理を作ることはまず無理です。
 調理道具を手に入れるためには自宅を2段階目に増築しなければなりませんが、そのためにはまず鶏小屋を増築しなければならず……自宅を増築後、土曜日を迎える度に通信販売で買わなければならないので、お金も時間も手間もかかります。

 で、料理祭自体は参加しませんが、その前に、トーマス町長から、お祭りで使うかぶを3つ届けてほしいと頼まれました。
 イベント「3つ届けて」です。
 これ、今までは無視してましたが、今回はかぶをいっぱい植えていたので持っていくことにしました。
 はじめは広場にいるトーマスに渡しましたが、それではただのプレゼントになる模様。後日、改めて彼の家に届けたらイベント成功となりました。

 ……これ、成功させた状態でお祭りに行けば何か特典があったのでしょうか。

コロボックルたちの働き

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 毎日毎日小麦粉を送り続け、遂にコロボックルが7人ともお手伝いを引き受けてくれるようになりました。

 残念なことにまだまだ家畜がいないので、水やりをお願いしています。それでも、畑は6面ぐらいしかないので、余裕をもって1日のうちに終わらせてくれます。
 ただ、本当は、家畜の餌やりが面倒で彼らにお手伝いを頼もうと思っていたので、水やりの腕は上がらなくてもいいんですけどね……。

 取り敢えず、これからは、小麦粉をちょいちょい贈りつつの全員の友好度が下がらないようにしていこうと思います。
 彼らの友好度は資産画面にハートの数で表示されるので判りやすくていいですね。

夏とポプリとコロボックルと

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 夏になりました。

 「夏は大増産」とは「まきば生活ひつじ村」で看板に綴られた名言ですが、全員コロボックルたちにお手伝いをお願いすることも出来るようになりましたので、たくさんたくさん植えることにします。
 トマト、とうもろこし、たまねぎ。とうもろこしは、出荷用とは別に、鶏のエサに加工する用にもと多めに植えます。判りやすいように鶏の放牧スペースの傍に。

 鶏は、毎朝天気予報をチェックしてはこまめに放牧していることもあり、愛情度がかなり高くなっていました。
 夏7日の鶏祭りでは無事に優勝。これで、黄金の卵を産むようになります。

 話が前後しますが、夏3日は最愛のポプリの誕生日でした。
 彼女が大好きなピンクキャット草をラッピングしてプレゼントしました。その甲斐あってか卵をくれる恋愛イベントが発生。孵化したら彼女と同じ名前を付けましょうそうしましょう。

 ……覚えていればですが。

ハートはみんな紫色に

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 今回は開拓度100%を目指してプレイしています。
 そのために必須なのが、料理のコンプリート。そのために必要なのがチョコレート2枚ですが、これは、冬の感謝祭でしか手に入らないレアアイテムなのです。
 「ミネラルタウンのなかまたち」ではいくらでも店売りしてくれたのに……っ。

 仲の良い女の子がチョコレートをくれるのですが、仲が良すぎるとチョコレートケーキをくれます。それを阻止するために、ポプリ以外の花嫁候補全員のハートを紫色に染めてみました。まるでちょっとだけ手を出して遊んでいるような。
 ごめんねみんな、別にシャリザーンは悪い人ではないのですよ……!

 ランには温泉卵、マリーには赤い草、エリィにはそこらに咲いてるお花、カレンは……何が好きだったかな……それらを贈り、ほどなく紫色に。あとはこれが下がらないようにキープしておきましょう。
 というか、会話しないで放っておいたら愛情度も下がるのでしたっけ?

 最近の牧場物語だとそのへんシビアなので普通に下がりますが、ハーベストムーンはどうだったかな。

ポプリで失敗、その2

 「牧場物語ハーベストムーン ボーイ&ガール」。
 100%の高みを目指して。

 夏の月15日になりました。
 いつの間にか夏も折り返し地点ですね。

 もしかしたら15日でなくて16日だったかもしれませんが、とうもろこしが初の収穫を迎えた日。海の男カイがやってきました。なんでも、とうもろこしを分けてほしいとのこと。
 いくらで売ってくれるか訊かれたので出荷額と同じ100Gと答えたら、物言いたげな顔をされました。
 何か不満があるのかカイよ。たった1個しか買ってくれないくせに。

 それはさておき。

 実は、前回のプレイから実時間では結構な間があいておりました。
 結果何が起きたかというと、ポプリから鶏の卵を貰ったことをすっかり忘れていたのです。それが孵化した雛に「ポプリ」ではなく、まったく関係のない「ぷりん」なる名前を付けるというていたらく!

 仕方ありませんね。
 別に、ここで多少愛情度を上げ損ねたとしても、ハートが真っ赤になるのに十分な時間が残されています。
 気にせず次に行きましょう。
  • ライブドアブログ