I love シミュレーション!

シミュレーションゲームのプレイ日記です。カテゴリを選ぶと、古い順(つまり最初から)読むことが出来ます。ネタバレに考慮していませんのでご注意を。 【記事一覧】にて直接個別記事の閲覧が可能です。

牧場/ルンファク4

ルーンファクトリー4

 特に前情報もなく、ただ前作「ルーンファクトリー3」が面白かったというだけの理由で開始します。「ルーンファクトリー4
」。
 今作は、主人公を最初から男女好きな方を選べるようで、私は男主人公にしました。デフォルト名はレストですが、ここは毎回使っているシャリザーンという名前で。後々牧場の名前を決めるように言われましたが、その時もラルカと名付けました。
 シャリザーンは、シリーズの主人公の例に従い、やっぱり記憶喪失です。もう、全く違和感ないですよね!

 飛空挺から何者かのせいで落とされたシャリザーンは、うまいことセルフィアの地の、風幻竜セルザウィードの傍に落ちてきます。どうやらセルフィアにはアーサー王子が訪れる予定だったらしく、王子と勘違いされたシャリザーンは、そのまま竜の城に住まわせてもらうことになりました。もうその翌日ぐらいには本物のアーサー王子がやってきて、シャリザーンが王子でないことは判明したんですけどね!
 それでも本当は別の目的があるらしいアーサーの一言で、王子としてのお仕事だけシャリザーンが行うことに。

 うむむ、これからどうなることやら。

ポストとスキルレベル

ルーンファクトリー4」。

 ルンファク3と同じように、人々の依頼を、ポストで受けることが出来ます。それを解決するか、普通に魔物を倒すことで「王子ポイント」が入り、それを貯めてお祭りを開催したり牧場の施設を大きくしたり各種免許を取得したりと、色々やっていくようです。一応、お祭りを開くと街に観光客が訪れ、街全体の発展につながるとかどうとか。別に期限の類はないようなので、ゆっくり進めていこうと思います。

 畑仕事も教わりました。どうやらシャリザーンもまたアースマイトらしく、セルザウィードに畑を任されたのでした。まだカブの栽培がメインですが、今のところ農耕が一番確実な資金稼ぎの方法なのでとても頑張っています。

 そう!
 そういえば今作でも、スキルレベルは存在していました。しかも前作より細かくなっている?移動するだけでレベルが上がるのはそのままですが、他に、お風呂に入るとか、食べ物を食べるとか、攻撃を食らうとか、全体的に細分化していますね。その分、ステータスの上がる幅はそれぞれ小さいのか、総合的なステータスの値がインフレーションしているのか……いずれにせよ、様々な方法で強くなれるのは楽しいことです。

ヴィヴィアージュ家のお方

 「ルーンファクトリー4」。

 公式サイトすらろくに見ずに進めているので、誰が花嫁&花婿候補なのか全く知りませんでした。

 しかし、一度出会ってしまうと、候補にはラブ度が表示されるので、すぐ判ります。それに、初登場時は特別なスチルが表示されるのです。今のところ、気になるのは神竜騎士フォルテと、侍女見習いのクローニカ、音楽家マーガレットですね。特にマーガレットは、多分ですが、前作の最愛の嫁ダリアの妹か何かだったはず。性格は、ダリアに比べれば十分に普通というか、真面目な子です。
 ダリアの妹という点を差し引いても、音楽家という職業自体が魅力的です。彼女の部屋には大きなピアノが置いてありますし、彼女は食堂でピアノを弾いて働いていたり。

 ところで、ルンファクシリーズに必ず登場するヴィヴィアージュ家の人、気になりませんか。
 今回も登場してくれました。話し方も、何だか今までのヴィヴィアージュ家の人ととてもよく似ています。ただ、特段お金持ちというわけではなさそう……?
 凄腕のシェフとして、食堂を切り盛りし、セルフィアの人々に美味しい料理を振る舞っています。尤も、食に執着している点は変わりませんけどね。

 余談ですが、このキャラの説明文に「変人」という言葉が3回も使われていたのには吹き出しました。

魔物が女の子に

 「ルーンファクトリー4」。

 そういえばダンジョンどこにあるのだろう?とか思いつつ、街を南下すると、普通にありました。ヨクミールの森。名前のいい加減さはさておき、春の気候のダンジョンのようです。

 最初のダンジョンということもあり、想像以上にさくさく奥まで進めます。たまに宝箱を開いたり、明らかに魚が住むような水場を見つけたり……まだ釣り竿持ってないんですよ。そのうち依頼で手に入ると思うのですが。
 最奥で待ちかまえていたのは蝶のようなボスでした。名前、出てたんですが失念しました。最初はただの蛹でしたが、第2形態として綺麗な羽の生えた女性モンスターに!思わずテンションあがりますよね!ぼっこぼこにしてやりましたが!

 すると、その魔物は一人の女の子になりました。魔物が人になるなんておおよそあり得ない事態に驚きながら、連れ帰るシャリザーン。目を覚ました彼女はコハクと名乗りましたが、どうやら何故森にいたのかの記憶を失くしているのだとか。同じ記憶喪失のシャリザーンのように、セルフィアの街でしばらく過ごすことになったのでした。

 ちなみに、その後も森の最奥まで行くと、件のボスモンスターと当たり前のように再戦出来ました。

春の豆まき

 「ルーンファクトリー4」。

 春10日は豆まき祭りでした。
 ルンファク3にもあったお祭りで、確か、住民が投げる豆にひたすら当たりに行くというもの。何故か主人公が鬼役になるという。とはいえ、このお祭りへの”参加”はそのまま鬼役になることを表していますけどね。

 シャリザーンの成績は2,700点。第3位でした。1位はシャオメイで、12,000点弱だったような。2位が6,000点ちょいだったので、こう、何というか、差が激しいですね。賞品はレシピパンでしたので美味しくもぐもぐしました。
 「筍ごはん」「キュウリの酢漬け」「カブの酢漬け」を覚えましたよ!キュウリまだ育てられないのでアレですが。

コハクの目覚め

 「ルーンファクトリー4」。

 豆まき大会が終わり、街中をふらふら歩いていたら、何とトゥーナが……トゥーナがいる!!
 シリーズ作品からのゲストキャラ登場、今回もあるんですね!ルンファク3にはルンファク2からユエが出てきていましたが、今回もそんな感じ?ちなみに、モブキャラとして幻想のキリカも登場。誰?って感じですが、ミストと同じような話し方をするキャラクターで、主人公の名前を変えることが出来ます。モブキャラのくせにすごいことしますよね。

 モブキャラといえば。
 コハクが目覚めたことにより、シナリオが次の段階に進みました。次なるダンジョンは水の遺跡。そこから夜な夜な妙な唸り声が聞こえるのだとか。それを、始め「セルザの寝言」と言い切り、場をしーんとさせたのはシャリザーンです。ともかく、水の遺跡に向かうことにしましょう。

 その途中に、妙な掘っ立て小屋がありまして。中にモブキャラが住んでいたのですが、何でも、一緒に連れているキャラとの相性を占ってくれるのだとか!へえ!

拳でお喋りするための手袋

 「ルーンファクトリー4」。

 水の遺跡、2つ目のダンジョンとはいえ、なかなか敵が強いですね。特にゴブリンアーチャーでしょうか、あの、弓矢使い!

 ただし、こちらも攻撃手段は結構増えてきました。ヴォルカンから拳でお喋りするための手袋を貰ったり、宝箱から槍を引き当てたり、ダグからファイアーの魔法をゲットしたり、槍と同じく宝箱からウォーターレーザーの魔法をゲットしたり。特にファイアーは、水の遺跡に出没するタートル相手にかなり役だってくれます。カメの魔物なんですが、物理防御力が高めに設定されているのか、片手剣や拳じゃ全然ダメージが入らないのです。

 そうして水の遺跡の最奥にいたのは、馬のようなボス。
 ……ええ、電子取扱説明書を見ると、主人公の力によって魔物から人間に戻った花婿候補がいるので、おそらく、このボスも初回はコハクのようになるんでしょうね……。説明書によると、あと一人、元魔物のキャラがいるので、全部で3人、魔物から人間に?という存在が出るわけですね。

 早速そいつに挑戦したところ、赤く変化するところまでは行けましたが、結局やられてしまいました。まずはスキルレベル上げ、もしくは普通にレベル上げ、ですね。

マーガレットは大切な…?

 「ルーンファクトリー4」。

 春14日はシャリザーンの誕生日でした。
 特に入力を求めらなかったにも関わらず、私と同じ誕生日なので、おそらくは3DS本体に登録している情報から決まっているのでしょう。

 むしろ本番は翌日、15日の大漁!釣り大会だったかも?とにかく数を釣ればよいようで、ヴォルカノンの事前予想によるとシャリザーンが優勝候補らしいので、張り切って頑張りました。結果、釣果は12匹、第2位でした。第3位の時点で10匹だったので雲行き怪しいと思いましたが、1位のリンファは17匹でしたからね……あと5匹、いけると思ったんですが、

 そうそう、関係ないですが、水の遺跡クリアしました。レベルを上げたマーガレットを囮にするという最低戦法でしたが、ひたすらウォーターレーザー放って勝ちました。それでも結構危なかったんですけどね。
 イベントが起きて、そのボスはやはり人の姿に。今度は青年です。しかし青年、勝手に病院を抜け出してセルザの元に行くという事件を起こし……その時、一度セルザが苦しそうに倒れたのがちょっと気になります。

 閑話休題。

 ルーンファクトリーの世界には、4柱の神竜ネイティブドラゴンがいます。それぞれ司っているものが異なるようで、生命(創造?)を司る地幻竜プロテグリード(初代のラスボスでした)、破壊を司る火幻竜フレクザィード(2のラスボスでした)、変化を司る水幻竜アクナビート(3のラスボスでした)、そして永遠を司る風幻竜セルザウィード、らしいです。
 ……あれ?もしかして、ルンファク4のラスボスってセルザ?

次なる舞台は黒の洋館

 「ルーンファクトリー4」。

 目を覚ましたディラスは、やっぱり一部の記憶を失っていました。
 元の場所に戻ろうとする彼を、引き留めたのはポコリーナ。自分の食堂でウェイターとしてはたらけばいいと、彼を雇うことにしたのです。ついでに屋敷に余っている部屋を貸し出すことに。ディラスは渋々ながらもセルフィアの街に居座ることとなりました。
 マーガレット曰く、ウェイターが来たことで、ポコリーナの作・即・食を止める人が現れたと嬉しそう。
 あの……今までって、作った傍から即刻食ってたんですか?どうやって食堂を運営していたんですか?

 ……それはさておき。

 ディラスの目覚めに呼応するように、今度は幽霊騒ぎが起きます。
 どうやら街のそこここに幽霊が登場するようで。次、どこに登場するか判りませんでしたが、街中をてきとーに歩いていたら、その幽霊に出くわしました。名前はピコ。ルーちゃんとやらを助けるために黒の洋館に向かいます。

 もう3つ目のダンジョンなのですね。ここ、畑あるかな?
 って、森にも遺跡にも、そういえば畑はなかったんでしたっけ……。

ワープポイント発見!

 「ルーンファクトリー4」。

 シナリオ進行度合いに合わせてだと思うのですが、王子ポイントで取れる免許の幅が広がってきました。
 料理、鍛冶、薬学、装飾、全部取得しましたよ。ただ、資金が過去作よりは潤沢ではないので、実際に出来るのは料理と鍛冶の2つのみ。料理に至っては、超序盤の段階でポコリーナから貰えますから、自腹切ったわけじゃないんですよね。うむ。

 鍛冶では、農具も作れますから、最優先で取得しました。まだまだ鍛冶のレベルが低いので、ロクなもの作れませんが、それでも第2段階の斧は作りましたよ。薪割りの斧ですね。
 どうやら今作は、前段階の農具を持っていなくても、材料さえ揃えばイチから作れるようです。これはありがたいですね。まだ確認しておりませんが、おそらく他の武器等もそうでしょう。

 ところで、免許の中でとても便利だと思ったのが、飛空挺です。
 だって実際これ、ワープ魔法みたいなものなんですよ!各種ダンジョンの入り口や、フィールド内にある畑に瞬時に移動できます。その上、セーブポイントで飛空挺を呼びだすことも出来ます。ヨクミールの森ぐらいはまだ近いからいいですけど、水の遺跡までって結構距離ありましたからねー。

 毎日、依頼もこなしています。王子ポイント、魔物倒しても入りますが、数値としては微々たるものですからね!
 いつの間にか「開発」を行えるようになっていましたね。今の段階では、ダグにアクセサリ屋を開いてもらうことしか出来ませんが、追々増えていくのではないでしょうか。
  • ライブドアブログ