I love シミュレーション!

シミュレーションゲームのプレイ日記です。カテゴリを選ぶと、古い順(つまり最初から)読むことが出来ます。ネタバレに考慮していませんのでご注意を。 【記事一覧】にて直接個別記事の閲覧が可能です。

牧場/わくアニ

その間4ヶ月ほど

 後輩からソフトを借り、本体のある彼氏さまのところに転がりこんで、Wiiの「わくわくアニマルマーチ」のプレイを開始しました。ちなみにプレイ記としてブログに掲載しているのは11月末日ですが、プレイそのものの開始日は数ヶ月前、7月初旬です。なんて、どーでもいい情報なんですが。

 主人公は女主人公です。わくアニで追加されたビジュアルの方を選びました。最近、女主人公でプレイを始めることが多いような。というのは、ジュリがお目当てなので。シーラと相当悩みましたが、ジュリの方が面白そうだし、何より美形なので、狙ってみます。いや、シーラも十分、美人さんなんですが……!
 牧場の名前はラルカ。ここはいつも通り。

 始めてみると、いきなり畑にカブが実っていてびっくりしました。
 取り敢えず、それを収穫しながら、既に植えてある野菜たちに水やりです。最初から畑に作物があるとは、まさかの展開、ですね。

 続いては町回り。農場と街の間に牧場はあるらしく、結構行き来は楽ですね。
 ホルン牧場で、アヒルの雛と鳥の餌を衝動買いしました。このおかげで、所持金が一気に42Gになりましたが、気にしたらきっと負けですね。

 まだジュリは出てこないので、こんな感じでまずは牧場の拡充を優先してプレイしたいと思います。

最近の牧場の釣りは楽しい

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ」

 牧場生活を初めて一週間ほど経ちました。

 体力の半分を、水やりだけで失います。序盤なんですが、それぐらい頑張って農場を広げてみました。大丈夫、水やり終わっても体力が半分"も"残っていると考えれば……!ところで、ベッドで寝ても体力って全回復しないんですね。

 ホルン農場に行く途中、タオに出会い、お古の釣竿を手に入れました。
 今回の釣りも、思ったより楽しいですね。結構すぐに魚が食いつくし、ボタン連打していれば釣れますし。いや、ミネなかまでの釣りって大変でしたからねぇ……。
 タオは「大した魚は釣れませんけど」と言っていましたが、初回でいきなりブラウントラウトの大物が釣れました。もし女神さまの力を復活させて、水場に本来の魚が戻ってきたとき、もっとすごいのが釣れるようになるんでしょうかね。
 結構楽しみかも。

向こう側に行きたい!

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ」

 牧場の裏道っぽい道を登っていくと、鉱山地区へと続く吊り橋があります。

 いきなり板が外れていて、渡れなくなってましたけどねっ!

 そこには、大工見習いのポワンとかいう少年がいました。彼が「ハーバルさんから工具が届かない」とか言っていたので、ラニッシャは代わりに取りに行くことにしました。すると、今度はお腹がすいたので食べ物を持ってきてほしいと頼まれました。

 ……ストロベリーとミルクを頼まれましたが、牛を飼ってミルクがとれるようになるまでって、結構時間がかかりそう……。ま、のんびりやればいいですよね。

ジュリさま初登場

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ

 イチゴとミルク、意外とあっさり手に入りました。
 というのは、マリンバ農場とホルン牧場にて買うことができたからです。いやー、便利この上ないですね。無事にこの二つをポワンに渡し、橋を直してもらいました。これで、鉱山地区へ行けるようになったわけです。

 鉱山地区には雑貨屋さんがありましたが、これがまた便利かつ夢の広がるお店ですね!
 各種調理器具や、牧場生活に欠かせない便利道具まで。まずは、孵化器とマッチを買いました。これで、焚き火料理ができるようになりました。多分、釣った魚のうち食べられそうなものを焼いていけば、半永久的に釣りができるようになったのでは?
 孵化器には、取り敢えずアヒルの卵を置いてみました。

 アクセサリー屋さんではジュリ登場!
 こんなに早く出てくるとは、まさか思っていませんでした。
 そして初登場時の、あのソファにだらしなく座っているジュリのカッコイイことといったら!きゃー、ジュリにしてよかったーー♪
 ジュリの好きなものは、取り敢えずチューリップらしいので、春のうちに大量に栽培&収穫しておきたいと思います。

あの鐘を鳴らすのはあなた

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ

 女神の泉に向かってみました。

 女神の泉に続く道には、何故か怒り心頭の野生動物たちの姿が。どういうわけか、ラニッシャとフィンを通してくれません。困った二人は、ペット(大きなお父さん犬:白いレトリーバー)を飼っている大工のダイに相談してみました。
 そして紆余曲折あって、アニマルホイッスルを手に入れ、ようやく女神さまに会うことができました。

 今回の女神さまは、結構美人ですし、登場の演出も神秘的になっていますね。
 初代の女神さまからしていきなり気さくな性格だったので、こういう神様っぽい女神さまが新鮮です。シュガー村の女神さまも気さくな性格でしたしね……。

 女神さまには、各地の鐘を鳴らすように頼まれましたが、ま、後回しでもいいですよね。
 どうやら結婚の条件に鐘については一切書かれていないので、ゆっくりプレイしていきたいと思います。

鉱山物語は期待出来なさそうです

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ

 そういえば、女神の泉へ行く途中で、鉱山に潜れるようになりました。
 オセからお古のハンマーも貰い、心起きなく鉱山物語ができそうです。
 ……性に合わないので、やりませんが。

 鉱山の仕組みは、どうやら「しあわせの詩」と同じようですね。
 途中でピンクっぽいガスが出てきたので、これはきっと体力回復だと信じて積極的に当たりに行ったら、実は毒ガスで、無駄に体力を削られてしまった、という心温まるエピソードも早速生まれました。……ピンクと紫を見間違えたのかも知れません……。
 鉱石ひとつひとつの出荷額は、雀の涙ほど。わざわざ体力を消費してまで、お金を稼ぐために鉱山に潜ることはなさそうですね

 畑を広げた方が、てっとり早くお金を稼げそうです。

赤い鐘の物語

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ

 あんまり進めるつもりはなかったのですが、何故か流れに乗るように、赤の鐘のイベントが始まってしまいました。

 まずは、ガルモーニ鉱山の地下10階にある赤の鐘の台座から、鐘がなくなっているのを発見するというイベントから。どうやらクロエという幼女がおもちゃとして持ち出してしまったらしく、ラニッシャは慌ててそれを探しに行きます。ようやく木工所の前で見つけて、手に入れようとしたその瞬間――クロエに鐘を蹴り上げられてしまったのです。
 赤の鐘は、そのまま鍛冶屋の煙突へ。
 困ったラニッシャは、ラクシャに相談します。ラクシャが言うには、「幾つもの鉱石を一緒に打てば、勢いで鐘が飛び出すのでは」とのことでしたので、金~鉄の4種類の鉱石を集めることになりました。

 いやー、金鉱石ってなかなか出ないんですね。
 銀、鉄、銅はあっさり見つかってくれたのですが……。ガスを避けながらの採掘で、金が出るまで一週間ぐらい掛かったかもしれません。それだけに、金鉱石が出たときの喜びは大きかったです。
 どれぐらい採掘したかと言うと、やっている間にハンマーのスキルがレベルアップしたぐらい。

 赤の鐘は、思ったより簡単に鳴ってくれました。
 集めた鉱石をラクシャに渡すだけで、イベントが進行したのです。

 赤の鐘を鳴らしたことで炎の力が元通りとなり、牧場の敷地内にあった冷たい温泉が使えるようになりました。
 これで、農作業で体力の半分を持っていかれるラニッシャも、少しは他の作業が出来るようになりましたね☆

お花見

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ

 春の月14日は花祭りです。
 春の月23日じゃないんですね。ついでに、春の月14日は春の感謝祭じゃないんですね。

 ま、それはさておき。

 町長ハーバルによると、それはいわゆるお花見イベントらしく。
 18時から始まると言われたので、普段から12時より前に寝てしまうラニッシャにしては珍しく、夜更かし(?)してみました。体力が半分は削られるから、あんまり沢山のことが出来ないんですよね。

 花祭りは教会の前の広場で行われました。
 ちゃんとジュリがいたので、その点は申し分ないのですが……花祭りって、特別な台詞は聞けるものの、ただ会話をするだけの、あんまり面白みのないイベントなんですね。もし恋人候補との仲が深まっていれば、もうちょっと違う展開もあるのでしょうが……。ここら辺は来年に期待ですね。

 頑張って18時まで起きてたのになー。

アフラックとブラミー

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ

 ずっと体力回復用に貯めていたよくあるキノコを、一気に出荷してみました。
 それと、作物の大収穫日に重なったせいもあるのでしょうが、所持金が一気に10000Gを越えました!

 まずは、役場に行って牧場の土地&家代の支払いです。これは、5000Gですから、そこまで大した出費ではないですね。そして、それでもまだ何千Gも余っていたので、その足でホルン牧場まで行ってきました。

 買ったのは、鶏の卵を一個と、子羊&仔牛。牧草を育てて刈り取っていた飼い葉が、気付かないうちに150個近く貯まっていたのですよ。仔牛にはエクレア、子羊にはシュークリームという名前をつけました。大きい動物は、今回はお菓子の名前シリーズで行こうと思います。
 あと、孵化器に置いていたアヒョタマからアヒルの雛が孵りました。名前はアフラック。出典は……明らか過ぎますね。ちなみに一羽目のアヒルの名前はブラミーです。

 そして、空いた孵化器に鶏の卵を安置。
 本当は買っていたダチョタマを安置したかったのですが、何か他に満たすべき条件があるのか、置けませんでした。序盤からダチョウゲットしてほくほく、なんて期待してたんですけどねー。残念。

タムタムの森

 「牧場物語わくわくアニマルマーチ

 タムタムの森へ行ってみました。

 実は初日に一度行っているんですが、そのときは、入り口の扉を開けられなくて、すごすごと帰ってきていたのです。ところが、鐘を鳴らすイベント(赤い鐘ではなく、他の色の鐘でしたが)の一環として、扉の鍵を手に入れることが出来たんですよ。

 タムタムの森は、RPGとかでよくある、つながりのランダムなダンジョンみたいなマップ構成でした。
 牧場シリーズで例を挙げるならば、GB3の樹海ですね。

 奥に魔女さまの家があるようですが、そこまでは辿り着けず。取り敢えず、木を切り倒して少しだけ資材を集めてきました。一本の木を切り倒すのに、何十回も斧を振らなくてはならず、お陰さまで一本切り倒したときには残り体力のバーがオレンジになっていました。
 斧のレベルが上がれば、もっとさくさく切り倒せるようになるのでしょうか。

 それはそうと、次にタムタムの森に来たときは、魔女さまの家を見つけ出したいものです。
  • ライブドアブログ